月別アーカイブ: 2019年4月

食事療法を元に腎不全の進行ペースを抑えるには宅配食!!

腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の食事療法の目的は、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を元に腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は重要視されます。食事で摂取したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、全く摂らない理由にはいけません。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の水量・形状・処理時間次第で変動します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が少なくなれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍しますから、本来の値よりクレアチニン量が低下します。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多くふくまれています。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含有されています。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の食事療法がうまくいくと、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の進行を遅らせることが出来ます。結構の精度で効力が発揮されれば、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられたりしますからす。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿とともに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内で増加し初めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く怖れがあります。ですから適正な食事療法をおこない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値維持することが必要となります。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、多少なりに腎臓に負荷が生じます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、1日分で捉えれば30~40g程と言えます。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)に悩まされる方に向けて、低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳正に食事を制限しないといけません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も伴います。独断で食事プランをたてずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な制限はしてはいけません。こちらもおすすめ⇒腎臓病 食事 宅配 口コミ